HIVのある生活があります

見て! HIVのある生活があります

断続的なPrEPは、膣のセックスよりも肛門のセックスに効果的である可能性が高い

薬力学的研究は、PrEP薬の濃度が膣よりも直腸で早く到達するだけでなく、それらもより高いことを反映しています。

テノフォビルとエムトリシタビン([PrEP]の前に予防薬としての使用が承認された唯一の薬剤であるTruvada®を統合する2015つの薬剤)の薬物動態を調べた研究の結果により、断続的なPrEPの有効性がより高い可能性があるかどうかを判断できます。少なくともアナルセックスに関しては、当初考えられていたよりも。 しかし、膣と子宮内の薬物濃度の変化は、少なくともこれらの薬物では、この戦略が膣性交の場合ほど安全ではない可能性があることを意味します。 これらのデータは、今週カナダのバンクーバー市で開催される第XNUMX回病原体、HIV / AIDS治療および予防に関する国際AIDS協会会議(IAS XNUMX)で発表されました。

多くの注目を集めた研究の86つは、いわゆるADAPTでした。主な結論の中で、参加した人々は、より広い間隔で、または性的交流の予想に基づいたものよりも、PrEPの毎日のパターンをより簡単に順守したというものでした。 これらすべてにもかかわらず、Ipergay研究(断続的なPrEPレジメンによって証明される)は30%の効率を示しました。これは、毎日の投与によって証明されるPROUD研究と同じ効率です(La noticia del dia 10 /を参照)。 2014 / 22.E 10/2014/XNUMX。) 断続的なPrEPに関する研究の良い結果は、それらが効果的であり続けることを確実にするために、どのくらいの間隔で用量を配置できるかという問題を提起します。 この点に関して、いくつかの研究では、Truvada®に含まれる薬物の吸収と排出の速度、および直腸と膣におけるそれらの濃度が調べられています。

Ipergayによるサブスタディでは、ボランティアはTruvada®を1回投与され、最初の投与の前とその後に血中の薬物レベルがチェックされました。 二; 0,5; 投与後1時間と2時間で、これらの時間に分泌物と直腸生検のサンプルもあります。 テノフォビルの適切なレベルを検出するのに4時間かかったことを考慮すると、8回投与の投与の24分後、分泌物中の直腸エムトリシタビンの保護レベルがすでに利用可能であることがわかった。 これは、PrEPを開始したときに、HIVに対する最初の保護がエムトリシタビンのみから来ることを意味する場合があります。
直腸生検における濃度の増加は、40回の投与でわずかXNUMX%でした。これは、研究の著者の意見では、断続的な準備を行う場合、性交後に次の投与を行うことが非常に必要であることを反映しています。性的。

会議はまた、HIV感染のない19人のボランティア(男性と女性)におけるテノフォビルとエムトリシタビンの薬物動態に関する別の研究を発表しました。 データは、頸部組織(cervix)のピークテノフォビルレベルが直腸組織で検出されたものよりもはるかに低いことを示しました(せいぜい約10%)。 さらに、最高レベルに達するまでの時間は、直腸(約10日)よりも子宮頸部(12〜5日)の方がはるかに長かった。

本研究では、テノフォビルの単回投与後の肛門性交の保護は77%であると推定された。 この研究の結果は、直腸組織サンプルで実施された研究で以前に観察された38%よりもはるかに高いですが、最近の研究の信頼区間は非常に広く、実際、下限は40%であることを覚えておく必要があります。 、上記の値により類似した値。

保護は、89回の投与後に98%、100回の投与後にXNUMX%と推定されます。 実際、iPrEXのサブスタディ(米国以前の予防策としてTruvada®を使用した研究であった試験のXNUMXつ)では、週にXNUMX回の服用で、ほぼからの保護を達成するのに十分であると結論付けました。 XNUMX%(その日のニュースを見る21/03/2012).
PrEPを30日間毎日使用した後の中止に関しては、肛門性交におけるHIVに対する保護は、97%、24時間、96%、3日、93%、さらには薬を服用しなくても週に90%。

ただし、膣のHIV曝露の場合、PrEPの開始と終了でこのレベルの保護がどのように発達するかは不明です。 これは、間欠的なPrEPが膣性交の場合にも選択肢となる可能性がある範囲を決定するのに十分なデータがないことを意味します。今日でも、この場合の戦略はXNUMX日量であることが推奨されているためです。

提示された結果は、アナルセックスの場合、PrEP(一定期間にわたって一貫して服用した場合)は中断後最大XNUMX週間の保護を提供し、Truvada®はこの時間間隔内に再度服用する必要があることを示唆しています。 数時間のうちにエムトリシタビンの保護レベルが上昇します。 ただし、PrEPは、間隔が経過した後、性交前に服用した場合でも有効かどうかを明らかにする必要があり、性交後にXNUMX回服用する必要があるかどうかを知ることも非常に重要です。

これらの結果にもかかわらず、世界保健機関は、この点に関してより多くのデータがあることを期待して、次のガイドラインで最良の選択肢としてPrEPのXNUMX日量を推奨する可能性があります。 いずれにせよ、ガイドラインには影響しませんが、多くの人が日常的に完全な遵守を維持していない可能性が非常に高いため、PrEPを断続的に服用することの安全限界を決定することは非常に重要です。

MiguelVázquez-23年07月2015日
IAS 2015のオリジナルのスペイン語からの翻訳: 断続的なPrEPは、膣よりも肛門性交に効果的である可能性が高い によって クラウディオ·ソウザ. によってレビュー マラMacedo

ソース: エイズマップ/自己精緻化(GTT-HIV)

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.

CláudioSouzaと話す