HIVのある生活があります

見て! HIVのある生活があります

「エリートコントローラーがHIVの遺伝的鍵を明らかにし、治療法を確立する方法!

それは人間の細胞の単なるグラフィック複製です。 私のHIV感染が始まって以来、私はこれらのエリート血液ドナーのことを聞いており、彼らの歯状細胞は「エルドラド」の金鉱掘りの夢だと思っています。 私の神よ、ほとんどの場合、治療法について考えない私でさえ(治療法が私をアイデンティティの喪失のプロセスに導くのではないかと心配しています)、いつの日か、「最初に」で発表することの感謝の幸せを感じるでしょう。手」、エイズキュア? そうだといい。 そして、私は恐れていません。 末梢神経障害は損傷を与えており、それを行うのに非常に効率的であり、最悪の場合、死ではないことを恐れていますが、私が基本的に愛のために行うこの仕事でも文字通りの無能力化...できますか? なりますか? なりますか? になります...

それは多くの謎と希望に関係する質問です:なぜHIVに感染している人が決して病気にならないのですか?

木曜日に医学雑誌PLOS病原体に発表された研究は、いつの日か答えにつながる可能性のあるパズルに参加するためのより多くの手がかりを提供します-そして治療法やAIDSワクチンさえも。

マサチューセッツ総合病院とラゴン研究所の科学者たちは、HIVがHIV患者の樹状細胞に感染し、その感染が進行せず、病気にならない場合に何が起こるかを調べました。 これらの人々は「エリートコントローラー」として知られています。

研究によると、特に樹状細胞は、HIVに対する免疫応答を成功させる上で重要な役割を果たしています。

樹状細胞は、体のコンピューターハードウェアだと思います。すべての人に標準装備されています。 同様に、Tセルを私たち一人一人にインストールされ、ウイルスを殺す仕事をしているソフトウェアとして想像してみてください。 ハードウェア(樹枝状セル)が正しく機能していないと、ソフトウェア(Tセル)をロードして正しく機能させることができません。

樹状細胞は感染の現場に「走り」ます。 彼らは感染に対する警察のように私たちの体をパトロールします。 現場に問題があると、T細胞(CD4)に侵入して感染に関する情報を伝えます。T細胞は、病気を止めるという最も難しい仕事をしている細胞だと私たちはよく考えています。

彼らが見つけたのは、ほとんどの人にとって、樹状細胞は、HIV感染を即座にブロックし、複製することができずにそれを維持する力を持っているということでした。 これは良いニュースのように聞こえるかもしれませんが、実際には、樹枝状細胞は実際にその仕事をしました。 そうすることで、樹状細胞は必要なタンパク質を発現するため、最終的にはT細胞、つまりCD8の「キラー」とCD4の「ヘルパー」に光が当てられます。 。 樹状細胞はウイルスを完全に殺すわけではないので、感染を取り除くために、または少なくともそれを制御下に保つために必要な情報を全身に広め、複製し続けますが、ほとんどの場合、これは行われません。免疫システムによって。

しかし、エリートコントロール樹状細胞は、最初はウイルスの複製をブロックする機能を持つSAMDH1と呼ばれる特定のタンパク質を欠いているため、実際にウイルスを阻止することができます。 そうすることで、樹状細胞は侵入警告を鳴らし、cGASと呼ばれるタンパク質を介して自分自身を表現し、T細胞に警告して、HIVを現在の侵入者として認識し、免疫応答を開始できるようにします。強力です。

「私たちは現在、HIV感染中に樹状細胞の活性化を引き起こすために必要なすべてのコンポーネントを完全に理解することに焦点を当てています。これは、エリートの薬物に依存しないコントローラーによる応答を誘発するのに役立ちます。より広い患者集団」とXuYu博士は説明した。 ユウはハーバード医科大学の准教授です。

ラゴン研究所は、マサチューセッツ総合病院、MIT、ハーバードで訓練を受けた科学者で構成されています。

研究に関するマサチューセッツ総合病院のプレスリリースを読むには、  ここをクリック。 本当の科学的役割を調べるために、 ここをクリック。

投稿者:David Heitz

11年2015月XNUMX日

CláudioSantosdeSouzaによるオリジナルからの翻訳:

 「エリートコントローラー」がHIV治療の遺伝的鍵を握る方法 14年2015月XNUMX日

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.

CláudioSouzaと話す