HIVのある生活があります

見て! HIVのある生活があります

脂肪萎縮症:定義とケア

真っ赤な雲と夕日。 抽象的な構成

それは皮下脂肪、つまり皮膚のすぐ下にある脂肪の喪失です。 脂肪萎縮症は全身に影響を与える可能性がありますが、一般的には脚、腕、臀部、特に顔によく見られます。

防ぐことはできますか?

スペインおよび国際的な専門家による代謝変化の治療および制御に関する公式の推奨事項は、抗レトロウイルス薬d4TおよびAZTを避けるようにアドバイスしています。

HIV薬が開始された場合、またはすでに摂取されている場合でも、これらの薬の代わりにテノフォビル(Viread)を使用する必要があります。®、およびTruvadaで共同処方®)またはabacavir(Ziagen®、およびKivexaで共同処方®).

ある研究では、エファビレンツ治療を開始した人々の軽度の脂肪萎縮症のいくつかの症例を調べました(Sustiva®)、ただし、現時点では、使用することをお勧めしません。

 

逆にすることはできますか?

いくつかの研究では、d4TまたはAZTがアバカビルまたはテノフォビルに置き換えられたときに、四肢の皮下脂肪の特定の回復が観察されています。 この戦略は他の抗レトロウイルス薬でも機能する可能性があります。

同様に、ロシグリタゾンやピオグリタゾンなど、インスリン耐性の治療に使用される特定の薬剤の利点を研究することもできます。

脂肪萎縮症がすでに重要な段階にある場合、失われた脂肪がすべて回復する可能性は非常に低いため、検出が早ければ早いほど、元に戻すことが容易になります。

あなたが脂肪萎縮症を発症している可能性があるかどうかを知る方法:

  • 症状を視覚的に制御します。
  • より正確な測定手法を使用してください。


ビジュアルコントロール。 鏡を注意深く見るか、頻繁に写真を撮ります。 変化に気づいた場合は、医師に通知することが重要です。 定期的な訪問で、彼に変化が見られるかどうか尋ねます。

顔の最初の症状は通常、頬がわずかに沈むことです。 腕と脚では、静脈がより目立つようになります。

脂肪測定テスト。 ヘルスセンターには、他の目的に使用される測定装置がありますが、体内の脂肪の分布の画像を提供することもできます。

XNUMXつはデュアルエネルギーX線吸収測定法(DEXA)です。 高齢者や骨に問題のある人の骨ミネラル密度を制御するために使用されますが、皮下脂肪を測定することもできます。

特に脚や腕の脂肪萎縮症の早期発見に役立ちます。気付く前に小さな変化を示すことができるからです。

抗レトロウイルス治療を開始する前にDEXAスキャナーを実行すると、変更があるかどうかを確認できます。 多くの専門家の意見では、HIVを持つすべての人々がこの手順にアクセスできるはずですが、多くのヘルスセンターは、主に経済的な理由から、それを実行することをいとわないでしょう。

顔面脂肪萎縮症の分類

脂肪異栄養症を専門とする研究者(医師や外科医を含む)のグループは、顔の変化を視覚的に識別できる分類を開発しました。 おそらくそれはあなたにとって役立つかもしれません。

Fontdevila分類

度1

光。 この程度の影響を受けた人は、皮下脂肪-マラ脂肪-の喪失の結果として、平らな頬骨-マラ領域-を持っています。 効果は、痩せた人やわずかに突き出たピンプルで観察されるものと同様です。

度2

中。 脂肪が失われると、頬が著しく平らになります。 皮膚は骨の隆起に順応し、頬の沈み込みやくぼみを引き起こします。


度3

深刻です。 グレード1と2の同じ特性が認められますが、皮下脂肪がほとんどないため、皮膚は骨と筋肉の構造にさらに順応し、顔の解剖学的構造よりも頬が沈みます。 –骨格の外観-。

脂肪萎縮症の修復

顔面脂肪萎縮症は、手術とフィラーの使用によって修復することができます。

今日、スペインでは、顔の再建治療は、民間の美容および修復プラスチッククリニックで行うことができ、ますます多くの公立病院で無料で行うことができます。 このドキュメントの最後に、自律型コミュニティのリストがあります。

自律コミュニティへのアクセスが不可能であり、患者が私立クリニックで手順を実行することを決定した場合、資格があり、修復顔面手術および充填製品の使用の経験があるものを選択することが非常に重要です。

合成パディング

充填材料は、自家由来(患者自身から)、異種(動物から)、または合成(実験室で製造)のものにすることができます。

製品が適切であると見なされるためには、次の要件を満たしている必要があります:発癌性(癌を引き起こす)、催奇形性(胎児奇形を引き起こす)、免疫原性(過敏反応またはアレルギーを引き起こす)または刺激性(可能な限り炎症を引き起こさない)であってはなりません。 それは滅菌可能であり、耐久性のある化学的安定性と任意の場所で、そしてそれが移植された元の組織と同様の物理的特性を備えていなければなりません。 耐久性があり、別の地域に移動してはなりません。
最後に、HIV患者の顔面脂肪萎縮症の治療には、美容手術の通常の適応症で通常使用される量よりも多くの量が必要になるため、経済的でなければなりません。

充填材を最もよく定義する特性のXNUMXつは、ファブリック内での永続性の期間です。 この意味で、材料は、急速に吸収可能(または一時的)、ゆっくりと吸収可能(または半永久的)、および非吸収性(または永久的)に分類できます。

副作用が発生した場合、それらは一時的なものであり、結果は決定的なものではないため、ゆっくりと吸収される(または半永久的な)材料がより適しているという幅広いコンセンサスがあります。つまり、将来の介入で修正および適合させることができます。 主な欠点は、価格が高いことです。これは、恒久的な治療と同じ場合もありますが、一定の規則性を持って繰り返す必要があります。

合成材料の副作用は、即時(通常、移植技術に関連する)、または後期(移植物質に関連する)の​​場合があります。 即時のものには、紅斑、浮腫、および製品の性質に応じて起こりうるアレルギー反応が含まれます。 後期のものには、炎症反応、肉芽腫性反応、または 線維症、異物の存在および製品の他の領域への移動による反応。

ポリアクリルアミドゲル(アクアミッド® 再建)は永続的であり、グレード2および3の脂肪萎縮症に有用です。肉芽腫性反応は注射部位で発生する可能性がありますが、HIV患者で実施された研究では、経時的な合併症は示されていません。

半永久的なフィラーの中で、カルシウムヒドロキシラパタイト(Radiesse®)、生体適合性物質であり、グレード2の脂肪萎縮症に有用です。その適用は最近ですが、HIV患者でますます使用されています。 それは非常にゆっくりと再吸収されます。

ニューフィルとして知られるポリ乳酸は、スペインではスカルプトラと呼ばれています®。 吸収性の材料で、グレード2の脂肪萎縮症に有用で、フランスや米国などの国で広く使用されています。 場合によっては、目に見えないが触知できる小結節が注射領域に発生している。 時間間隔で複数のセッションを行わなければならないという不便があります。

一部の診療所では、ヒアルロン酸が使用されていました。 このゲルは、しわを減らしたりペレットを増やしたりするために一般の人々によって頻繁に使用され、HIV患者の脂肪萎縮症を修復するために使用すると粒状の仕上がりになります。 一方、生体適合性が高いため、非常に安全です。

一般に、専門家は、合成または天然の材料が、永続的ではないが永続的な美的結果を伴う合併症がないことを保証することはまだわかっていないと考えています。

自分の脂肪で満たす

別の顔の再建技術は、自己脂肪と呼ばれる患者自身の脂肪を充填材料として使用することからなる。 これは、体の他の領域、特に蓄積が多い領域(腹部、水牛のこぶ、胸部)に十分な量の脂肪がある場合に可能です。

この修復技術の利点のXNUMXつは、脂肪組織が天然素材であるため、生体適合性があり、用途が広く、安定していて、長持ちし、自然な外観であるということです。 この介入は、コストが過度に高くないため、機械への初期投資と、他の場合と同様にトレーニングへの初期投資が必要です。 近年、バルセロナのセンターでの開催に成功しています。

脂肪異栄養症に影響を与えるのは誰ですか?                 コンテンツ       肥大:定義とケア

 

のオリジナル版:

HIV治療ワーキンググループ(gTt)
公益事業体
Calle Sardenya、259 3rd 1st
08013バルセロナ(スペイン)
www.gtt-vih.org

 

ブラジルのポルトガル語の翻訳:

レイチェル・サーン
Traducciones con arte!
www.eltesorodepalabras.com
Skype:cirnetrad

[メール保護]

編集と組み立て:

CláudioSouza:

SKYPE: [メール保護]

Whats App:+5511997080203(すべての連絡先が登録され、XNUMX年間ファイルに残ります)

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.

CláudioSouzaと話す